医学は大変進歩しており、HIVに感染しても適切な治療を行えば健康を回復したり、維持できるようになっています。そのために早期発見と治療が不可欠です。簡易的ですがHIV検査キットもありますので心当たりがあるならば使用してはいかがでしょうか。

HIV検査

HIV検査は自宅で出来る?

HIV検査は、エイズの原因ウイルスであるHIVウイルスに感染しているかを調べる検査で、HIVウイルスに感染すると、体内でHIVが増殖し、その後抗体が産生されます。
通常のHIV検査は、悦液の中にHIVに対する抗体があるかどうかを調べる検査が一般的です。
検査は、スクリーニング検査を行い、そこで陽性であった場合、確認検査を行います。
ただ、気をつけないといけないとことは、HIVの感染初期には、血液検査では陰性となり検査ではわからない時期が3週間ほどあるため、感染から3週間いないに抗体検査を受けた場合は、感染していても陰性となることがあるので、注意しましょう。

HIV検査は、全国のほとんどの保健所や自治体の検査施設などで、無料で受けることができます。匿名で受けることができるので、周囲にばれることはありませんから、安心して受けることができます。
また医療機関などでも検査を希望すれば受けることができますが、その場合は5000~10000円ほど実費がかかります。
通常の検査は、スクリーニング検査で陽性の場合、引き続き確認検査を実施して、1~2週間後に知らせますが、スクリーニング検査で陰性で合った場合、検査を受けたその日に知らせる即日検査があります。
実施している施設によって検査方法が違ってくるので、事前に確認しておくとよいでしょう。
保健所などに検査に行くことができない場合には、自宅でできる検査キットもあります。
自分の都合にあわせていつでも検査をすることができるので、誰にも会わずにすみ匿名検査もできるというメリットがあります。ただ、完全に自己責任であり、万一陽性判定が出た場合でも、保健所のようなフォローはありませんし、確認検査は保健所か病院へ行く必要があります。